ペリ環状合成による高選択的炭素骨格形成反応と制御因子の解明

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペリ環状合成による高選択的炭素骨格形成反応と制御因子の解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
兼松 顕(九州大学・薬学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1983
本文を見る

類似資料:

8
オピオイド受容体探索子の設計と合成 by 兼松 顯; KANEMATSU Ken; 兼松 顕
11
ペリ環状反応 : 第三の有機反応機構 by Fleming, Ian, 1935-; 鈴木, 啓介; 千田, 憲孝
8.
オピオイド受容体探索子の設計と合成 by 兼松 顯; KANEMATSU Ken; 兼松 顕
11.
ペリ環状反応 : 第三の有機反応機構 by Fleming, Ian, 1935-; 鈴木, 啓介; 千田, 憲孝