海洋温度差発電プラントのための浮遊プラットホームの挙動に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

海洋温度差発電プラントのための浮遊プラットホームの挙動に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
大楠 丹(九州大学・応用力学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1983
本文を見る

類似資料:

8
深海曳航ロボットの位置制御に関する研究 by 柏木 正; KASHIWAGI Masashi; 大楠 丹
8.
深海曳航ロボットの位置制御に関する研究 by 柏木 正; KASHIWAGI Masashi; 大楠 丹