レーザ誘起蛍光散乱による高温ガス中高アルカリ原子密度測定法の開発

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

レーザ誘起蛍光散乱による高温ガス中高アルカリ原子密度測定法の開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
池上 知顯(九州大学・工学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1982
本文を見る

類似資料:

8
レーザー共鳴散乱法による高温プラズマ中水素原子密度の測定 by 内野, 喜一郎; 古賀, 和幸; 梶原, 寿了; 前田, 三男; 村岡, 克紀; 赤崎, 正則; Uchino, Kiichiro; …
4
レーザ誘起蛍光法によるMHD燃焼プラズマ中のシード原子密度の揺らぎ測定 by 中牟田, 浩典; 益田, 光治; 渡辺, 征夫; 池上, 知顕; 赤崎, 正則; Nakamuta, Hironori; Masuda, …
4.
レーザ誘起蛍光法によるMHD燃焼プラズマ中のシード原子密度の揺らぎ測定 by 中牟田, 浩典; 益田, 光治; 渡辺, 征夫; 池上, 知顕; 赤崎, 正則; Nakamuta, Hironori; Masuda, …
8.
レーザー共鳴散乱法による高温プラズマ中水素原子密度の測定 by 内野, 喜一郎; 古賀, 和幸; 梶原, 寿了; 前田, 三男; 村岡, 克紀; 赤崎, 正則; Uchino, Kiichiro; …