大麻成分により発現するラットの aggression に関する薬理学的研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

大麻成分により発現するラットの aggression に関する薬理学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
藤原 道弘(九州大学・薬学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1982-1983
本文を見る

類似資料:

8
大麻に関する生薬学的研究 by 正山, 征洋; SHOYAMA, YUKIHIRO
10
大麻成分の生合成酵素に関する研究 by 田浦, 太志; TAURA, F
8.
大麻に関する生薬学的研究 by 正山, 征洋; SHOYAMA, YUKIHIRO
10.
大麻成分の生合成酵素に関する研究 by 田浦, 太志; TAURA, F