放射性廃棄物ガラス固化体の熱含量と熱伝導率の測定

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

放射性廃棄物ガラス固化体の熱含量と熱伝導率の測定

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
佐藤 正知(九州大学・工学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1980
本文を見る

類似資料:

7
高レベル放射性廃液ガラス固化体の浸出率 by 古屋 廣高; FURUYA Hirotaka
11
熱伝導率・熱拡散率の制御と測定評価方法 by 渡利, 広司; 山田, 伊久子; 古川, 幹夫; 上利, 泰幸
7.
高レベル放射性廃液ガラス固化体の浸出率 by 古屋 廣高; FURUYA Hirotaka
11.
熱伝導率・熱拡散率の制御と測定評価方法 by 渡利, 広司; 山田, 伊久子; 古川, 幹夫; 上利, 泰幸