モルヒネの化学修飾・特にエンケフアリン様活性を有するペプチド性鎮痛剤の開発研究

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

モルヒネの化学修飾・特にエンケフアリン様活性を有するペプチド性鎮痛剤の開発研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
兼松 顕(九州大学・薬学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1980-1982
本文を見る

類似資料:

7
オピオイド受容体探索子の設計と合成 by 兼松 顯; KANEMATSU Ken; 兼松 顕
7.
オピオイド受容体探索子の設計と合成 by 兼松 顯; KANEMATSU Ken; 兼松 顕
11.
STUDIES ON MORPHINE AND ITS CHEMICAL MODIFICATIONS by 藤井, 郁雄; FUJII, I