層状マンガン鉱床における鉱石累帯配列および鉱物組成とその被変成度との関係について

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

層状マンガン鉱床における鉱石累帯配列および鉱物組成とその被変成度との関係について

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
福岡 正人(九州大学・理学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1979
本文を見る

類似資料:

3
二酸化マンガン鉱物の反射率と微小硬度による同定および分類 by 本村 慶信; MOTOMURA Yoshinobu; 福岡 正人; FUKUOKA Masato
10
変成岩と変成帯 by 都城, 秋穂
11
海底マンガン鉱床の地球科学 by 臼井, 朗; 高橋, 嘉夫; 伊藤, 孝; 鈴木, 勝彦
3.
二酸化マンガン鉱物の反射率と微小硬度による同定および分類 by 本村 慶信; MOTOMURA Yoshinobu; 福岡 正人; FUKUOKA Masato
10.
変成岩と変成帯 by 都城, 秋穂
11.
海底マンガン鉱床の地球科学 by 臼井, 朗; 高橋, 嘉夫; 伊藤, 孝; 鈴木, 勝彦