発がん, 突然変異の生成におけるアルキル化塩基とその修復酵素系の役割

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

発がん, 突然変異の生成におけるアルキル化塩基とその修復酵素系の役割

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
関口 睦夫(九州大学・理学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1979
本文を見る

類似資料:

1
酵素による遺伝子損傷とその修復機構 by 関口 睦夫; SEKIGUCHI Mutsuo
2
DNA修復酵素の研究 by 関口 睦夫
11
自然突然変異の起源とその制御機構 by 関口 睦夫; SEKIGUCHI Mutsuo
1.
酵素による遺伝子損傷とその修復機構 by 関口 睦夫; SEKIGUCHI Mutsuo
2.
DNA修復酵素の研究 by 関口 睦夫
6.
ヒトのDNA修復酵素の研究 by 関口 睦夫
11.
自然突然変異の起源とその制御機構 by 関口 睦夫; SEKIGUCHI Mutsuo