動脈硬化病変の発生における中膜平滑筋細胞による酸性ムコ多糖体合成の意義

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化病変の発生における中膜平滑筋細胞による酸性ムコ多糖体合成の意義

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
中島 康秀(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1979
本文を見る

類似資料:

4
日本人大動脈の酸性ムコ多糖体に関する研究 by 吹春, 訓子; FUKIHARU, NORIKO
5
肝障害と酸性ムコ多糖代謝 by 田中, 耕一; TANAKA, KOUICHI
4.
日本人大動脈の酸性ムコ多糖体に関する研究 by 吹春, 訓子; FUKIHARU, NORIKO
5.
肝障害と酸性ムコ多糖代謝 by 田中, 耕一; TANAKA, KOUICHI