免疫グロブリン結合性LDHおよびアルカリホスファターゼの生化学的, 臨床的研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

免疫グロブリン結合性LDHおよびアルカリホスファターゼの生化学的, 臨床的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
長嶺 光隆(九州大学・医学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1979
本文を見る

類似資料:

1
血清免疫グロブリンの臨床的研究 by 戸田, 武二; TODA, TAKEJI
3
免疫グロブリン by 畔柳, 武雄
4
免疫グロブリン by 尾上, 薫; 内海, 爽
1.
血清免疫グロブリンの臨床的研究 by 戸田, 武二; TODA, TAKEJI
3.
免疫グロブリン by 畔柳, 武雄
4.
免疫グロブリン by 尾上, 薫; 内海, 爽