Ideal光子相関法による生体膜及びモデル膜の不安定性の研究

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ideal光子相関法による生体膜及びモデル膜の不安定性の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
宮川 賢治(九州大学・理学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1979
本文を見る

類似資料:

5
生体膜実験法 by 赤松, 穰
11
酵素・生体膜モデルの化学 by 村上, 幸人; 砂本, 順三
5.
生体膜実験法 by 赤松, 穰
11.
酵素・生体膜モデルの化学 by 村上, 幸人; 砂本, 順三