培養内発癌剤処理後の培養条件によるDNA修幅能の差と突然変異出現の関係について

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

培養内発癌剤処理後の培養条件によるDNA修幅能の差と突然変異出現の関係について

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
山上 裕司(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1978
本文を見る

類似資料:

2
宇宙実験最前線 : DNAの突然変異から謎の対流の出現まで by 日本マイクログラビティ応用学会; 石川, 正道
4
Dendrobiumの組織培養について by 竹下, 繁; 伴, 千代子; 藤枝, 國光; Takeshita, Shigeru; Ban, Chiyoko; Fujieda, Kunimitsu
6
社宅居住の條件について by 日本発送電株式会社; 労働醫學心理學研究所
1.
化学発癌剤によるラツト細胞の培養内悪性化 by 瀧井, 昌英; TAKII, MASAHIDE
2.
宇宙実験最前線 : DNAの突然変異から謎の対流の出現まで by 日本マイクログラビティ応用学会; 石川, 正道
4.
Dendrobiumの組織培養について by 竹下, 繁; 伴, 千代子; 藤枝, 國光; Takeshita, Shigeru; Ban, Chiyoko; Fujieda, Kunimitsu
6.
社宅居住の條件について by 日本発送電株式会社; 労働醫學心理學研究所