微分接触型精留塔を加熱または冷却したときの精留効果

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

微分接触型精留塔を加熱または冷却したときの精留効果

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
宗像 健(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1977-1978
本文を見る

類似資料:

7
加熱と冷却 by 岡崎, 守男; 渡辺, 尚彦; 赤尾, 剛
2
液々界面を保持する抽出装置の開発 by 宗像 健; MUNAKATA Tsuyoshi
9
濡れ壁塔による真空精留の研究 by 松田, 晃; MATSUDA, AKIRA
2.
液々界面を保持する抽出装置の開発 by 宗像 健; MUNAKATA Tsuyoshi
7.
加熱と冷却 by 岡崎, 守男; 渡辺, 尚彦; 赤尾, 剛
9.
濡れ壁塔による真空精留の研究 by 松田, 晃; MATSUDA, AKIRA