未熟児の脳障害と網膜症の発生における血管発達の意義

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

未熟児の脳障害と網膜症の発生における血管発達の意義

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
高嶋 幸男(九大・医・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1976
本文を見る

類似資料:

8
トリプシン消化法による未熟児網膜血管の研究 by 西村, みえ子; NISHIMURA, MIEKO
9
未熟児網膜症 : 臨床家のためのガイド by Flynn, John T., 1931-; Tasman, William, 1929-; 東, 範行; 植村, 恭夫
11
未熟児網膜症の治療時期に関する検討 by 高木, 郁江; TAKAGI, IKUE
8.
トリプシン消化法による未熟児網膜血管の研究 by 西村, みえ子; NISHIMURA, MIEKO
9.
未熟児網膜症 : 臨床家のためのガイド by Flynn, John T., 1931-; Tasman, William, 1929-; 東, 範行; 植村, 恭夫
11.
未熟児網膜症の治療時期に関する検討 by 高木, 郁江; TAKAGI, IKUE