癌細胞の遊離・定着機構における凝固・線溶系の意義に関する研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

癌細胞の遊離・定着機構における凝固・線溶系の意義に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
田中 健蔵(九大・理・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1975
本文を見る

類似資料: