死体中有機薬毒物の検出量と投与量との関係-抗バルビッレイト剤が, ペントバルビタールの血中および臓器濃度に及ぼす影響について

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

死体中有機薬毒物の検出量と投与量との関係-抗バルビッレイト剤が, ペントバルビタールの血中および臓器濃度に及ぼす影響について

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
福元 久子(九大・医・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1972
本文を見る

類似資料:

5
抗てんかん薬の血中濃度 : 薬物治療の基礎と臨床 by Eadie, Mervyn J.; Tyrer, John H.; 清野, 昌一; 宮本, 侃治; 岡部, 稔
5.
抗てんかん薬の血中濃度 : 薬物治療の基礎と臨床 by Eadie, Mervyn J.; Tyrer, John H.; 清野, 昌一; 宮本, 侃治; 岡部, 稔