オレフィンのアリル型酸化における触媒作用の昇温脱離法による研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

オレフィンのアリル型酸化における触媒作用の昇温脱離法による研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
江頭 誠(九大・工・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1972
本文を見る

類似資料:

2
プロピレン酸化におけるペロブスカイト型酸化物の触媒作用 by 寺岡, 靖剛; 田上, 義貴; 山添, 昇; 清山, 哲郎; Teraoka, Yasutake; Tagami, Yoshitaka; Yamazoe, Noboru; Seiyama, Tetsuro
2.
プロピレン酸化におけるペロブスカイト型酸化物の触媒作用 by 寺岡, 靖剛; 田上, 義貴; 山添, 昇; 清山, 哲郎; Teraoka, Yasutake; Tagami, Yoshitaka; Yamazoe, Noboru; Seiyama, Tetsuro