滑膜肉腫細胞株において DUSP6 の発現抑制を介した ERK1/2 の活性化はパゾパニブ耐性の誘因となる

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

滑膜肉腫細胞株において DUSP6 の発現抑制を介した ERK1/2 の活性化はパゾパニブ耐性の誘因となる

フォーマット:
学位論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Activation of ERK1/2 Causes Pazopanib Resistance via Downregulation of DUSP6 in Synovial Sarcoma Cells
責任表示:
横山, 信彦
Yokoyama, Nobuhiko
本文言語:
英語
学位授与年度 :
2017.
学位授与大学:
九州大学.
学位:
博士(医学)
学位種別:
課程博士
バージョン:
None
本文を見る

類似資料:

1
Allelic Losses of Chromosome 10 in Glioma Tissues Detected by Quantitative Single-Strand Conformation Polymorphism Analysis by Hata, Nobuhiro; 秦, 暢宏; Yoshimoto, Koji; Yokoyama, Nobuhiko; Mizoguchi, Masahiro; 溝口, 昌弘; Shono, Tadahisa; …
2
A giant nucleopore protein that binds Ran/TC4 by 横山, 信彦; YOKOYAMA, N
11
ふるさとの誘因 by 武田, 圭太
1.
Allelic Losses of Chromosome 10 in Glioma Tissues Detected by Quantitative Single-Strand Conformation Polymorphism Analysis by Hata, Nobuhiro; 秦, 暢宏; Yoshimoto, Koji; Yokoyama, Nobuhiko; Mizoguchi, Masahiro; 溝口, 昌弘; Shono, Tadahisa; …
2.
A giant nucleopore protein that binds Ran/TC4 by 横山, 信彦; YOKOYAMA, N
11.
ふるさとの誘因 by 武田, 圭太