Bcl-2 19 キロダルトン結合蛋白3発現は十二指腸乳頭部癌切除後の予後予測因子となる

閲覧数: 15
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bcl-2 19 キロダルトン結合蛋白3発現は十二指腸乳頭部癌切除後の予後予測因子となる

フォーマット:
学位論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Expression of Bcl-2 19-kDa interacting protein 3 predicts prognosis after ampullary carcinoma resection
責任表示:
藤本, 崇聡
Fujimoto, Takaaki
指導教員等:
前原, 喜彦 — 橋爪, 誠 — 加藤, 聖子
本文言語:
英語
学位授与年度 :
2016.
学位授与大学:
九州大学.
学位:
博士(医学)
学位種別:
課程博士
バージョン:
None
本文を見る

類似資料:

8
十二指腸乳頭部癌の病理組織学的研究 by 田坂, 健二; TASAKA, KENJI
11
術前補助療法後に完全切除が可能となった巨大十二指腸GISTの1例 by 大津, 甫; Otsu, Hajime; 沖, 英次; Oki, Eiji; 河野, 浩幸; Kawano, Hiroyuki; 安藤, 幸滋; Ando, Koji; 伊藤, …
8.
十二指腸乳頭部癌の病理組織学的研究 by 田坂, 健二; TASAKA, KENJI
11.
術前補助療法後に完全切除が可能となった巨大十二指腸GISTの1例 by 大津, 甫; Otsu, Hajime; 沖, 英次; Oki, Eiji; 河野, 浩幸; Kawano, Hiroyuki; 安藤, 幸滋; Ando, Koji; 伊藤, …