一部の膵管状腺癌においてAnterior gradient 2発現低下は予後予測因子であり、上皮間葉移行に関連している。

閲覧数: 17
ダウンロード数: 347
このエントリーをはてなブックマークに追加

一部の膵管状腺癌においてAnterior gradient 2発現低下は予後予測因子であり、上皮間葉移行に関連している。

フォーマット:
学位論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Anterior gradient 2 downregulation in a subset of pancreatic ductal adenocarcinoma is a prognostic factor indicative of epithelial-mesenchymal transition
責任表示:
水内, 祐介
Mizuuchi, Yusuke
指導教員等:
前原, 喜彦 — 岩城, 徹 — 片野, 光男
本文言語:
英語
説明:
http://doi.org/10.1038/labinvest.2014.138
学位授与年度 :
2014.
学位授与大学:
九州大学.
出版情報:
Laboratory Investigation. 92, (2), pp. 193-206
学位:
博士(医学)
学位種別:
課程博士
バージョン:
None
本文を見る

類似資料:

10
Preferential Expression of OVOL1 in Inner Root Sheath of Hair, Sebaceous Gland, Eccrine Duct and their Neoplasms in Human Skin by Mitoma, Chikage; 三苫, 千景; Nakahara, Takeshi; 中原, 剛士; Uchi, Hiroshi; 内, 博史; Ito, Takamichi; 伊東, …
10.
Preferential Expression of OVOL1 in Inner Root Sheath of Hair, Sebaceous Gland, Eccrine Duct and their Neoplasms in Human Skin by Mitoma, Chikage; 三苫, 千景; Nakahara, Takeshi; 中原, 剛士; Uchi, Hiroshi; 内, 博史; Ito, Takamichi; 伊東, …