志賀毒素2C産生性大腸菌による急性脳症発症機序のマウスモデルによる解析

閲覧数: 29
ダウンロード数: 279
このエントリーをはてなブックマークに追加

志賀毒素2C産生性大腸菌による急性脳症発症機序のマウスモデルによる解析

フォーマット:
学位論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Investigation of Encephalopathy Caused by Shiga Toxin 2c-Producing Escherichia coli Infection in Mice
責任表示:
ムハッマド, ユヌス, アムラン
Muhammad, Yunus Amran
本文言語:
英語
説明:
http://doi.org/10.1371/journal.pone.0058959
学位授与年度 :
2013.
学位授与大学:
九州大学.
出版情報:
PLoS ONE. 8, (3), pp. e58959-
学位:
博士(医学)
学位種別:
課程博士
バージョン:
ETD
本文を見る

類似資料: