鳥巣太郎


明治40年7月16日生まれ。歌人。九州帝国大学医学部卒。生体解剖事件に連座したとして横浜軍事裁判で有罪判決。昭和21年7月から29年1月まで巣鴨拘置所に拘禁。この間、平光吾一教授に歌作を学び、合同歌集『巣鴨』(昭●ハナダ所有)にも寄稿。30年9月、福岡市大名2丁目に外科医院開院。47年10月、歌集『ヒマラヤ杉』(葦書房)上梓。48年、第3回福岡市文学賞を受賞した。