close
1.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Medizin, Heilmittel und Pflanzenkunde im euro-japanischen Kulturaustausch des 17. Jahrhunderts — 17世紀の日欧文化交流における医学、医薬品及び植物学
Michel, Wolfgang ; Michel-Zaitsu, Wolfgang
Publication info: Hōrin - Vergleichende Studien zur japanischen Kultur. 16, pp. 19-34, 2010-05. EKO Haus der Japanischen Kultur, Düsseldorf
View fulltext:
Abstract: This study presents a detailed analysis of the introduction of Western medicine into 17th century Japan and its impact on allied sciences, especially botany.
2.
Book
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Der Ost-Indischen und angrenzenden Königreiche vornehmste Seltenheiten betreffende kurze Erläuterung : Neue Funde zum Leben und Werk des Leipziger Chirurgen und Handelsmanns Caspar Schamberger (1623-1706) — 東インドと隣接諸王国における珍奇なものに関する略説」 ー ライプツィッヒの外科医兼商人カスパル・シャムベルゲルの生涯と業績に関する新発見  ー 
Michel, Wolfgang ; Michel-Zaitsu, Wolfgang
Publication info: Der Ost-Indischen und angrenzenden Königreiche, vornehmste Seltenheiten betreffende kurze Erläuterung : Neue Funde zum Leben und Werk des Leipziger Chirurgen und Handelsmanns Caspar Schamberger (1623-1706).. 2010-03. Faculty of Languages and Cultures
Series: The Faculty of Languages and Cultures Library; 1
View fulltext:
Abstract: This book presents a newly discovered text of which only one copy has survived in the Dresden State Art Collections (Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Münzkabinett). It was dedicated to the Duke of Saxony Johann Georg III. and published in 1686 as a private print under the title "Short explanation of the most prominent rarities in East India and the neighbouring kingdoms". The author Caspar Schamberger (1623-1706) had worked in Asia for twelve years as a surgeon on VOC ships and in Dutch trading posts. He is known as the "father" of the first fully-fledged Western-style medical school in Japan. His text describes fruits, plants, animals, ethnic groups, coins etc. from Persia to Japan including the Khoikhoi (Khoisan) in Southern Africa. This is one of the earliest Western accounts of these matters based on observations made during the late 1640s and 1650s. The extensive commentary (126 pages) gives an outline of Schamberger's life presenting numerous new information on his activities after his return to Leipzig in 1658. Schamberger's descriptions are analysed in detail within the context of similar accounts of nine contemporary German travellers: Caspar Schmalkalden, Zacharias Wagener, Heinrich Muche, Johann Wilhelm Vogel, Elias Hesse, Albrecht Herport, George Meister, Andreas Cleyer, Engelbert Kaempfer. Forty-six illustrations selected from Western and Japanese sources proviede the iconographic background. Read more
3.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Zu den im 17. Jahrhundert durch die Dejima-Chirurgen ausgestellten Ausbildungszeugnissen — On the Licenses Provided by 17th-Century Dejima-Surgeons — 17世紀の出島蘭館医が交付した阿蘭陀外科免許状について
Michel, Wolfgang ; ミヒェル, ヴォルフガング ; Wolfgang Michel-Zaitsu
Publication info: Studies in Languages and Cultures. 19, pp. 137-155, 2004-01-31. Kyushu University Faculty of Languages and Cultures
View fulltext:
Abstract: 17世紀の出島蘭館医が交付した阿蘭陀外科免許状についていわゆるカスパル流外科の誕生後、1650年代から約30年間オランダ東インド会社の外科医が日本人「弟子」に外科免許状を交付していた時期がある。このような免許状は蘭方医としての経歴上、有用なものとされていたようであり、初期紅毛流外科の医学的・社会的受容を示す重要な史料である。本稿ではオランダ東インド会社の新しい史料に基づいてその免許状交付に至る歴史的展開を追究した上で、現存の免許状及び出島商館の阿蘭陀通詞が付録として作成した和文を比較・分析している。また、現存する五通のうち、これまでその背景が明らかにされていなかった一通の免許状の取得者太田黒玄淡の生涯を解明する。 Read more
4.
Other
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Engelbert Kaempfer Werke - Kritische Ausgabe in Einzelbänden (Übersicht und Leseproben) — Engelbert Kaempfer Werke - Kritische Ausgabe in Einzelbänden (Outline and Samples)
Haberland, Detlef; Michel, Wolfgang; Gössmann, Elisabeth ... [et al.]
Publication info: 2003. Iudicium Verlag, München
View fulltext:
5.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Aufbruch in
Michel, Wolfgang ; Wolfgang Michel-Zaitsu
Publication info: MINIKOMI. 62, (4), pp. 13-24, 2001-04. Akademischer Arbeitskreis Japan – AAJ: Österreichische Japangesellschaft für Wissenschaft und Kunst
View fulltext:
6.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Kurz und bündig: eine Japan-Skizze aus dem Jahre 1669 — Prostration und Pickelheringscircles : Engelbert Kaempfer's Audiences in the Castle of Edo and their Background — 日本に関する二十の観察(1669年)
Michel, Wolfgang ; W・ミヒェル
Publication info: Studies in Languages and Cultures. 12, pp. 49-64, 2000-08-31. Faculty of Languages and Cultures, Kyushu University
View fulltext:
Abstract: 南蛮人の追放以来、宣教師の書簡を通してヨーロッパへ流れていた日本の情報は封印されてしまった。出島のオランダ商館からもほとんど何も伝わってこななかったので、1660年代当初に設立された「Royal Society of London For The Promotion Of Natural Knowledge」の事務長を務めたドイツ人オルデンブルクは、ある情報に刺激されてフランスの学者アンリ・ユステルを通じてオランダの某帰郷者と連絡を取ることにした。ユステルとオルデンブルクの書簡には、このなぞの人物に関する幾つかの情報が見られる。彼は東アジアに17年も滞在して、かなりの富を得たようである。さらにその人物は、1657年に江戸での有名な(明暦の)大火を体験したのみならず、中国へも旅をしたことがあるという。ユステルはこの人物に直接会おうとしたが相手がハーグを離れたり戻ったりしていたこともあって、その要望は叶わなかった。結局、当時オランダに滞在していたフランス王立図書館の館長テヴェノーを介して、オルデンブルクの質問を伝え、それに答えて貰い、ユステルを通じてその文書をイギリスへ送った。この日本に関する記述の英訳は、1669年2月の王立協会の会議において発表され、7月には機関誌「Transactions」に掲載された。オルデンブルクの質問に対する解答は最小限に短縮されされたもので、それは1585年のルイス・フロイスによる欧日文化比較の記述法を想起させる。ここから当時ヨーロッパの学者がどのようなテーマに興味を示していたのかが窺える。それはまた、カトリックの宣教師やオランダ東インド会社の関係者を除く一般の人々の知識水準がまだどれほど低いものであったかをも物語っている。新しい情報の不足に悩むドイツ・ニュルンベルクの学者クリストフ・アーノルトがこの文章に着目し、自著「Die wahrhaftige Beschreibung der drei maechtigen Koenigreiche Japan, Siam und Korea」の改訂版に取り入れたので、オルデンブルクの報告はドイツでも知られるようになった。 残念ながら、上記の旅行者の名前を解明することはできなかった。出島商館長の日記によれば、明暦の大火を体験しているヨーロッパ人は5人だった。すくなくともその1人は中国にいたことが証明されている。しかし、ドレスデン出身のツァハリアス・ワーゲナは、ユステルとオルデンブルクが書簡を交わしていた時期には南アフリカからオランダへの帰路に就いていた。2人目のブレスラウ出身の出島商館医ハンス・ハンコはヨーロッパ到着後短期間しかオランダにはいなかった。ダッパが1670年に刊行した中国関係の資料を調べると、残る3人のうち商人ホーヘンフクの名前が浮上してくる。彼はヴァン・カンペン及びノーベルが率いた中国への東インド会社のいわゆる「第2使節」に参加し、1663から1664年に亘って福州で活躍しており、「下位王様」との交渉にも当たった。その滞在中、ホーヘンフクはバタビアへ帰るノーベルと交代したことを考えると、彼は商人だっただけではなく外交の舞台上でも会社の優秀な代表者でもあったに違いなく、上記の日本に関する観察を伝えた人物だったことはほぼ確実だという結論に至る。 Read more
7.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Prostratio und Pickelheringsreigen : Engelbert Kaempfers Erlebnisse im Schloss zu Edo und deren Hintergrund — Prostration und Pickelheringscircles : Engelbert Kaempfer's Audiences in the Castle of Edo and their Background — 江戸城における商館長の謁見とケンペルの体験について
Michel, Wolfgang ; Wolfgang Michel-Zaitsu
Publication info: Schwellenüberschreitungen. 2000, pp. 124-134, 2000. Japanische Gesellschaft fuer Germanistik
View fulltext:
8.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Neue Materialien zum medizinischen Personal der VOC-Niederlassung in Japan — New Source Material related to the Medical Personal at the VOC Trading Post Dejima
Michel, Wolfgang ; W・ミヒェル ; Wolfgang Michel-Zaitsu
Publication info: Studies in Languages and Cultures. 10, pp. 179-194, 1999-03-01. Faculty of Languages and Cultures, Kyushu University
Series: 言語文化論究
Studies in Languages and Cultures
View fulltext:
Abstract: 17世紀の平戸・出島蘭館の医薬関係者に関する新資料 日蘭学会編『洋学史辞典』などに掲載してある出島蘭館医の一覧表には特に17世紀について空欄や、出典のはっきりしない人物が目につく。本論文においては、オランダ国立文書館で行った、商館長の手紙、後任への申し送り状、契約更新の記録などの調査により上記の表の不正確な箇所や未知の人物(Stamper, Pauts, Kempf, Gessel, Jacobsz., Hancke, Haeck, Braun)が浮かび上がってきた。また、これまで見落とされてきた下位外科医、薬剤師の存在も注目に値する。 Read more
9.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Hans Juriaen Hancke : ein Breslauer in Japan — Hans Juriaen Hancke : a Citizen of Breslau in Japan — 日本におけるブレスラウ市民ハンケの活動について
Michel, Wolfgang (Michel-Zaitsu)
Publication info: Stuides in German and French literature. 46, pp. 59-88, 1996-06-28. Society for the Study of German and French Literature
View fulltext:
Abstract: オランダ国立文書館での綿密な調査研究により、従来一般に認められてきた17世紀の出島商館医のリストは、いまだ不完全なものであることが判明した。新たに見つかった人物の一人に、1655年から1657年まで日本で波瀾万丈の2年間を送ったドイツ人外科医ハンス・ユリアーン・ハンコがいる。本論文ではさまざまな未公開の資料をもとに、ハンコの活動の全貌を明らかにし、彼を取り巻く主要人物の実像に迫る。各章のテーマは以下の通りである。 日本におけるヨーロッパ人外科医の地位や状況 ハンコの経歴と東アジアへの渡航 1656年(明暦元年)の江戸参府旅行 「似日本人、南蛮人味方、勿油断 吉利支丹奉行井上筑後守」 江戸での治療活動 長崎への帰途 長崎の儒医学者向井元升への「授業」 出島勤務の延長 長崎の「弟子」波多野玄洞 長崎奉行の猿、犬と、西洋人外科医の誇り 薬草狩と、1657年(明暦2年)の江戸参府のための準備 日本初の義眼とその他の珍品 明暦の大火の地獄図 出島での最後の数ヶ月 離日 Read more
10.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Caspar Schambergers Kindheit und Jugend — Caspar Schamberger's Childhood and Adolescence — カスパル・シャムベルゲルの少年期
Michel, Wolfgang ; Michel-Zaitsu, Wolfgang
Publication info: Stuides in German and French literature. 45, pp. 111-123, 1995-11. Society for the Study of German and French Literature
View fulltext:
Abstract: この論文はドイツ・ライプチヒ市史料編纂所の記録及びその他の年代記などを基に、日本における「カスパル流外科」の元祖カスパル・シャムベルゲルの少年期、30年戦争期のライプチヒ市及び外科医ギルドの状況を追っている。 カスパルの父、バルタザール・シャムベルゲルはフランケン地方のケーニヒスベルクから移住している。彼はワインを商い、1622年にライプチヒの商人の娘、マルタ・フィンジンガー(Martha Finsinger)と結婚した。1年後、カスパルが生まれるが、その父は1629年には亡くなっている。1631年に母が再婚してからは、商人だった継父の家で暮らした。続く10年間でカスパルは、30年戦争で故郷の町が荒廃していく様子を体験した。最初この町は皇帝の軍隊に、1636年からはスウェーデン軍の攻撃を受け、見本市に商人はほとんど来なくなり、ペストも何度も流行して人口は劇的に減少した。 経済の危機的な状況、継子という立場や医学教授ヨハン・ミヒェル(Johann Michel)の助言もあり、シャムベルゲルは13歳で、親方クリストフ・バヒャルト(Christoph Bachert)の下で外科医の見習いとなった。1640年までの見習い期間中に再びペストが流行したり、戦闘が起こったりするため、シャムベルゲルは実践的な経験が豊富になった。修行が終了したとき、当時のエピソードが示すように、シャムベルゲルはギルドでのキャリアをつむ機会は、ほとんどなかった。ヨーロッパの新教地域で遍歴をするうちに、オランダの東インド会社に雇われて東アジアへ行こうと決心した。 Read more

Search on other sites by Wolfgang Michel

  • World Contents

    World Contents is designed for Kyushu University students and researchers to enable to discover/access necessary academic resources out of vast amounts of contents throughout the world.

  • CiNii Books

    CiNii Books is a union catalog to search for print books and journals held by Japanese universities.