close
1.
Thesis/Dissertation
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 浅い閉鎖性水域における日成層の形成・消滅について
井口, 翔太 ; Iguchi, Shota
Academic Year Conferred: 2007
Conferring University: Kyushu University
Degree: BACHELOR
Degree Type: Bachelor's Degree
View fulltext:
Table of Contents:
第1章 序論 第2章 現地観測 2-1 観測対象水域 2-2 観測方法 2-3 観測条件 第3章 3-1 第1回現地観測 3-1-1 気象条件 3-1-2 水温の経時変化と鉛直分布 3-1-3 DO濃度の経時変化と鉛直分布 3-2 第2回現地観測 3-2-1 気象条件 3-2-2 水温の経時変化と鉛直分布 3-2-3 DO濃度の経時変化と鉛直分布 3-3 敷縄池の性格についての考察 第4章 日成層の形成と消滅 4-1 はじめに 4-2 混合層の発達に及ぼす吹送流と熱対流の効果 4-3 水の摩擦速度u*および対流速度wc 4-4 吹送流と熱対流による混合層の発達速度 4-5 透明度が日成層の形成・消滅に及ぼす影響 4-6 現地観測による日成層の形成と消滅に関する検討 第5章 結論 参考文献 謝辞
第1章 序論 第2章 現地観測 2-1 観測対象水域 2-2 観測方法 2-3 観測条件 第3章 3-1 第1回現地観測 3-1-1 気象条件 3-1-2 水温の経時変化と鉛直分布 3-1-3 DO濃度の経時変化と鉛直分布 3-2 第2回現地観測 3-2-1 気象条件 3-2-2 水温の経時変化と鉛直分布 3-2-3 DO濃度の経時変化と鉛直分布 3-3 敷縄池の性格についての考察 第4章 日成層の形成と消滅 4-1 はじめに 4-2 混合層の発達に及ぼす吹送流と熱対流の効果 4-3 水の摩擦速度u*および対流速度wc 4-4 吹送流と熱対流による混合層の発達速度 4-5 透明度が日成層の形成・消滅に及ぼす影響 4-6 現地観測による日成層の形成と消滅に関する検討 第5章 結論 参考文献 謝辞
2.
Thesis/Dissertation
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 水生植物の密生度による水面熱境界の応答特性
井上, 寿人 ; Inoue, Hisato
Academic Year Conferred: 2007
Conferring University: Kyushu University
Degree: BACHELOR
Degree Type: Bachelor's Degree
View fulltext:
Table of Contents:
第1章 序論 1.1 はじめに 1.2 研究背景 第2章 閉鎖性水域の水理特性 2.1 水温成層の形成と変動 2.2 水温成層の日変化 2.3 閉鎖性水域における水生植物の生態 2.3.1 水生植物群落の構造 2.3.2 水生植物の生活型 2.3.3 水生植物の生活型による湖沼の分類 2.3.4 水生植物による浄化利用 2.3.5 水生植物利用手法 第3章 水生植物の熱伝導率に関する実験 3.1 実験概要 3.1.1 実験目的 3.1.2 実験装置 3.1.3 測定機器 3.1.4 使用植物 3.1.5 実験方法 3.2 実験結果および考察 第4章 水生植物の密生度による水面熱境界の応答特性に関する実験 4.1 実験概要 4.1.1 実験目的 4.1.2 実験装置 4.1.3 測定機器 4.1.4 実験方法 4.1.5 実験条件 4.2 結果および考察 4.2.1 水温の時間変化 4.2.2 熱量・熱フラックスの時間変化 4.2.3 成層安定度 4.2.4 レーリー数 4.2.5 照度の時間変化・鉛直分布 4.2.6 水生植物による照度の減衰率 4.2.7 密生度による熱フラックス 4.2.8 混合層の発達速度の時間変化 第5章 結論 謝辞 参考文献
第1章 序論 1.1 はじめに 1.2 研究背景 第2章 閉鎖性水域の水理特性 2.1 水温成層の形成と変動 2.2 水温成層の日変化 2.3 閉鎖性水域における水生植物の生態 2.3.1 水生植物群落の構造 2.3.2 水生植物の生活型 2.3.3 水生植物の生活型による湖沼の分類 2.3.4 水生植物による浄化利用 2.3.5 水生植物利用手法 第3章 水生植物の熱伝導率に関する実験 3.1 実験概要 3.1.1 実験目的 3.1.2 実験装置 3.1.3 測定機器 3.1.4 使用植物 3.1.5 実験方法 3.2 実験結果および考察 第4章 水生植物の密生度による水面熱境界の応答特性に関する実験 4.1 実験概要 4.1.1 実験目的 4.1.2 実験装置 4.1.3 測定機器 4.1.4 実験方法 4.1.5 実験条件 4.2 結果および考察 4.2.1 水温の時間変化 4.2.2 熱量・熱フラックスの時間変化 4.2.3 成層安定度 4.2.4 レーリー数 4.2.5 照度の時間変化・鉛直分布 4.2.6 水生植物による照度の減衰率 4.2.7 密生度による熱フラックス 4.2.8 混合層の発達速度の時間変化 第5章 結論 謝辞 参考文献
3.
Thesis/Dissertation
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 密度2成層流における円柱後流域の混合特性
河合, 憲三 ; Kawai, Kenzo
Academic Year Conferred: 2007
Conferring University: Kyushu University
Degree: BACHELOR
Degree Type: Bachelor's Degree
View fulltext:
Table of Contents:
第1章 序論 第2章 円柱後流の流動特性 2.1 はじめに 2.2 二次元円柱の後流 2.3 三次元円柱の後流 2.4 有限円柱の後流 第3章 密度2成層流における円柱後流域の流れパターンに関する実験 3.1 実験目的 3.2 実験装置 3.3 座標系 3.4 実験方法 3.5 実験結果と考察 3.5.1 1本円柱の後流について 3.5.2 2本円柱の後流について 3.5.3 3本円柱の後流について 3.5.4 5本円柱の後流について 3.6 まとめ 第4章 密度2成層流における円柱後流域の乱れに関する実験 4.1 実験目的 4.2 実験方法 4.3 実験結果と考察 4.3.1 同一水深の平面上における乱れ強度分布に関する 結果及び考察 4.3.2 流下方向における密度と乱れ強度の鉛直プロファイルによる考察 4.3.3 円柱本数と密度の最大乱れ強度との関係についての考察 第5章 結論 謝辞 参考文献
第1章 序論 第2章 円柱後流の流動特性 2.1 はじめに 2.2 二次元円柱の後流 2.3 三次元円柱の後流 2.4 有限円柱の後流 第3章 密度2成層流における円柱後流域の流れパターンに関する実験 3.1 実験目的 3.2 実験装置 3.3 座標系 3.4 実験方法 3.5 実験結果と考察 3.5.1 1本円柱の後流について 3.5.2 2本円柱の後流について 3.5.3 3本円柱の後流について 3.5.4 5本円柱の後流について 3.6 まとめ 第4章 密度2成層流における円柱後流域の乱れに関する実験 4.1 実験目的 4.2 実験方法 4.3 実験結果と考察 4.3.1 同一水深の平面上における乱れ強度分布に関する 結果及び考察 4.3.2 流下方向における密度と乱れ強度の鉛直プロファイルによる考察 4.3.3 円柱本数と密度の最大乱れ強度との関係についての考察 第5章 結論 謝辞 参考文献
4.
Thesis/Dissertation
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of ニューラルネットワークを用いた稲の出穂予測法の検討
横山, 剛宗 ; Yokoyama, Masanori
Academic Year Conferred: 2007
Conferring University: Kyushu University
Degree: BACHELOR
Degree Type: Bachelor's Degree
View fulltext:
Table of Contents:
第1章 序論 第2章 稲の生理 稲の発育史 第3章 出穂予測モデル 3-1 既存の発育予測モデル (1) 気温による予測モデル (2) 気温と日長による予測モデル 3-2 堀江らのモデル(1986)による出穂予測 (1) 最小二乗法 (2) 勾配法(最急降下法)によるモデルパラメータの決定 (3) シンプレックス法(単体法)によるモデルパラメータの決定 (4) 遺伝的アルゴリズムによるモデルパラメータの 決定 第4章 ニューラルネットワーク(NN)の理論 4-1 ニューラルネットワーク概説 4-2 NNを構築する素子の構造 (1) 神経細胞(ニューロン)の構造 (2) ニューラルの入出力関係の数式モデル化 (3) NNの構造 (4) NNの学習 第5章 ニューラルネットワークを用いた出穂予測モデルの 構築 第6章 出穂期の予測モデルによる移植日決定の結果 学習外データに対する精度に対する考察 第7章 結論
第1章 序論 第2章 稲の生理 稲の発育史 第3章 出穂予測モデル 3-1 既存の発育予測モデル (1) 気温による予測モデル (2) 気温と日長による予測モデル 3-2 堀江らのモデル(1986)による出穂予測 (1) 最小二乗法 (2) 勾配法(最急降下法)によるモデルパラメータの決定 (3) シンプレックス法(単体法)によるモデルパラメータの決定 (4) 遺伝的アルゴリズムによるモデルパラメータの 決定 第4章 ニューラルネットワーク(NN)の理論 4-1 ニューラルネットワーク概説 4-2 NNを構築する素子の構造 (1) 神経細胞(ニューロン)の構造 (2) ニューラルの入出力関係の数式モデル化 (3) NNの構造 (4) NNの学習 第5章 ニューラルネットワークを用いた出穂予測モデルの 構築 第6章 出穂期の予測モデルによる移植日決定の結果 学習外データに対する精度に対する考察 第7章 結論
5.
Thesis/Dissertation
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 筑後川下流域クリーク護岸の再整備に関する検討
白石, 航
Academic Year Conferred: 2006
Conferring University: Kyushu University
Degree: BACHELOR
Degree Type: Bachelor's Degree
View fulltext:
Table of Contents:
第1章 序論 1.1 はじめに 第2章 クリーク護岸の要件に関する検討方法 2.1 基本情報 2.2 全体の流れ 第3章 クリークに関する住民意見・意向の把握 3.1 アンケート調査結果の考察 3.1.1 クリークの護岸に関する意見 3.1.2 クリークの水質対策に関する意見 3.1.3 クリーク生態系に関する意見 3.1.4 その他の意見 3.1.5 親水性に対する考え 3.1.6 全体を通しての考察 第4章 GISによるクリークの機能に関する検討 4.1 護岸工法に関する検討 4.1.1 クリーク経路の形状による護岸工法の検討 4.1.2 等高線データによる護岸工法の検討 4.2 親水性に関する検討 4.2.1 土地利用データによる親水性の検討 4.2.2 公共機関による親水性の検討 4.3 安全性に関する検討 4.3.1 土地利用データによる安全性の検討 4.3.2 公共施設による安全性の検討 第5章 GISによるクリーク護岸の要件 5.1 クリーク護岸の要件の検討結果 5.1.1 護岸工法の最適配置に関する考察 5.1.2 親水性を考慮した整備の最適配置に関する考察 5.1.3 安全性を考慮した整備の最適配置に関する考察 5.1.4 クリーク護岸の要件に関する考察 第6章 全体のまとめ 6.1 まとめ 参考文献 謝辞
第1章 序論 1.1 はじめに 第2章 クリーク護岸の要件に関する検討方法 2.1 基本情報 2.2 全体の流れ 第3章 クリークに関する住民意見・意向の把握 3.1 アンケート調査結果の考察 3.1.1 クリークの護岸に関する意見 3.1.2 クリークの水質対策に関する意見 3.1.3 クリーク生態系に関する意見 3.1.4 その他の意見 3.1.5 親水性に対する考え 3.1.6 全体を通しての考察 第4章 GISによるクリークの機能に関する検討 4.1 護岸工法に関する検討 4.1.1 クリーク経路の形状による護岸工法の検討 4.1.2 等高線データによる護岸工法の検討 4.2 親水性に関する検討 4.2.1 土地利用データによる親水性の検討 4.2.2 公共機関による親水性の検討 4.3 安全性に関する検討 4.3.1 土地利用データによる安全性の検討 4.3.2 公共施設による安全性の検討 第5章 GISによるクリーク護岸の要件 5.1 クリーク護岸の要件の検討結果 5.1.1 護岸工法の最適配置に関する考察 5.1.2 親水性を考慮した整備の最適配置に関する考察 5.1.3 安全性を考慮した整備の最適配置に関する考察 5.1.4 クリーク護岸の要件に関する考察 第6章 全体のまとめ 6.1 まとめ 参考文献 謝辞
6.
Thesis/Dissertation
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 閉鎖性水域における短期水質挙動の解析
屋敷, 龍佑
Academic Year Conferred: 2006
Conferring University: Kyushu University
Degree: BACHELOR
Degree Type: Bachelor's Degree
View fulltext:
Table of Contents:
第一章 序論 第2章 現地観測 2-1 観測対象水域概要 2-2 観測方法 2-3 観測条件 2-4 観測結果と考察 2-4-1 気象要素の経時変化 2-4-2 水温,DO濃度の鉛直分布 2-5 DOの生産・消費速度 第3章 鉛直1次元水温モデル 3-1 基礎方程式 3-2 境界条件 3-3 鉛直渦動拡散係数の推定 3-4 成層化関数の決定 3-5 基礎方程式の離散化 3-6 数値実験の結果,考察 3-7 擾乱に対する水温分布の応答 第4章 鉛直1次元DOモデル 4-1 基礎方程式および境界条件 4-2 DO濃度を支配するパラメタの定式化 4-3 飽和溶存酸素濃度と水温の関係 4-4 DOモデルの検証 4-5 数値実験の結果,考察 4-6 DOの挙動特性 第五章 感度解析 5-1 感度分析の概要 第六章 結論 参考文献 謝辞
第一章 序論 第2章 現地観測 2-1 観測対象水域概要 2-2 観測方法 2-3 観測条件 2-4 観測結果と考察 2-4-1 気象要素の経時変化 2-4-2 水温,DO濃度の鉛直分布 2-5 DOの生産・消費速度 第3章 鉛直1次元水温モデル 3-1 基礎方程式 3-2 境界条件 3-3 鉛直渦動拡散係数の推定 3-4 成層化関数の決定 3-5 基礎方程式の離散化 3-6 数値実験の結果,考察 3-7 擾乱に対する水温分布の応答 第4章 鉛直1次元DOモデル 4-1 基礎方程式および境界条件 4-2 DO濃度を支配するパラメタの定式化 4-3 飽和溶存酸素濃度と水温の関係 4-4 DOモデルの検証 4-5 数値実験の結果,考察 4-6 DOの挙動特性 第五章 感度解析 5-1 感度分析の概要 第六章 結論 参考文献 謝辞
7.
Thesis/Dissertation
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 筑後川下流域におけるクリーク再整備に関する考察
木佐貫, 順子 ; Kisanuki, Yoriko
Academic Year Conferred: 2005
Conferring University: Kyushu University
Degree: BACHELOR
Degree Type: Bachelor's Degree
View fulltext:
Table of Contents:
第1章 序論 1.1 はじめに 1.2 研究背景と目的 第2章 クリーク再整備における課題 2.1 地域概要 2.2 環境課題 2.3 維持管理問題 2.4 アンケート調査結果の考察 第3章 クリーク調査 3.1 生態系調査 3.1.1 生態調査項目 3.1.2 生態調査結果 3.1.3 生態調査のまとめ 3.1.4 生態調査に対する考察 3.2 水質調査 3.2.1 長期水質調査 3.2.2 長期水質調査結果 3.2.3 事前調査及び追跡調査 3.2.4 事前調査及び追跡調査結果 3.2.5 水質調査に対する考察 3.3 水位変動状況 3.3.1 水位変動状況調査 3.3.2 水位変動状況調査結果 3.3.3 水位変動状況に対する考察 3.4 クリーク法面の状況 3.4.1 クリーク法面状況のまとめ 3.4.2 クリーク法面の状況に対する考察 3.5 クリークに求められている機能 3.5.1 クリークの機能別の問題点と課題 3.5.2 クリークの機能別整備指針 第4章 全体の考察 参考文献 謝辞
第1章 序論 1.1 はじめに 1.2 研究背景と目的 第2章 クリーク再整備における課題 2.1 地域概要 2.2 環境課題 2.3 維持管理問題 2.4 アンケート調査結果の考察 第3章 クリーク調査 3.1 生態系調査 3.1.1 生態調査項目 3.1.2 生態調査結果 3.1.3 生態調査のまとめ 3.1.4 生態調査に対する考察 3.2 水質調査 3.2.1 長期水質調査 3.2.2 長期水質調査結果 3.2.3 事前調査及び追跡調査 3.2.4 事前調査及び追跡調査結果 3.2.5 水質調査に対する考察 3.3 水位変動状況 3.3.1 水位変動状況調査 3.3.2 水位変動状況調査結果 3.3.3 水位変動状況に対する考察 3.4 クリーク法面の状況 3.4.1 クリーク法面状況のまとめ 3.4.2 クリーク法面の状況に対する考察 3.5 クリークに求められている機能 3.5.1 クリークの機能別の問題点と課題 3.5.2 クリークの機能別整備指針 第4章 全体の考察 参考文献 謝辞
8.
Thesis/Dissertation
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 閉鎖性水域における水面冷却に基く冷水塊の挙動特性
柿崎, 新之助 ; Kakizaki, Shinnosuke
Academic Year Conferred: 2005
Conferring University: Kyushu University
Degree: BACHELOR
Degree Type: Bachelor's Degree
View fulltext:
Table of Contents:
第1章 序論 第2章 研究背景 2-1 閉鎖性水域の水理特性 2-1-1 水温成層の形成と変動 2-1-2 水温成層の季節変化・日変化 2-2 閉鎖性水域における水生植物の生態 2-2-1 水生植物群落の構造 2-2-2 水生植物の生活型 2-2-3 水生植物の生活型による湖沼の分類 2-2-4 水生植物による浄化作用 2-2-5 水生植物利用手法 第3章 冷水塊の沈降挙動に関する実験 3-1 実験概要 3-1-1 実験目的 3-1-2 実験装置 3-1-3 実験方法 3-1-4 測定機器 3-1-5 実験条件 第4章 実験結果および考察 4-1 水温の時間変化 4-2 冷水塊の沈降数 4-3 水温の乱れ強度 4-4 プリュームの性質 4-4-1 プリューム水理特性 4-4-2 自己相関関数 4-4-3 パワースペクトル 4-4-4 相互相関関数 4-4-5 クロススペクトル 4-5 周波数の時間変化 4-5-1 連続ウェーブレット変換 4-5-2 基底ウェーブレット 4-5-3 離散ウェーブレット変換 5章 結論 謝辞 参考文献
第1章 序論 第2章 研究背景 2-1 閉鎖性水域の水理特性 2-1-1 水温成層の形成と変動 2-1-2 水温成層の季節変化・日変化 2-2 閉鎖性水域における水生植物の生態 2-2-1 水生植物群落の構造 2-2-2 水生植物の生活型 2-2-3 水生植物の生活型による湖沼の分類 2-2-4 水生植物による浄化作用 2-2-5 水生植物利用手法 第3章 冷水塊の沈降挙動に関する実験 3-1 実験概要 3-1-1 実験目的 3-1-2 実験装置 3-1-3 実験方法 3-1-4 測定機器 3-1-5 実験条件 第4章 実験結果および考察 4-1 水温の時間変化 4-2 冷水塊の沈降数 4-3 水温の乱れ強度 4-4 プリュームの性質 4-4-1 プリューム水理特性 4-4-2 自己相関関数 4-4-3 パワースペクトル 4-4-4 相互相関関数 4-4-5 クロススペクトル 4-5 周波数の時間変化 4-5-1 連続ウェーブレット変換 4-5-2 基底ウェーブレット 4-5-3 離散ウェーブレット変換 5章 結論 謝辞 参考文献
9.
Thesis/Dissertation
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 2層流における沈水植物の後流特性
山崎, 寛史
Academic Year Conferred: 2004
Conferring University: Kyushu University
Degree: BACHELOR
Degree Type: Bachelor's Degree
View fulltext:
Table of Contents:
第1章 序論 第2章 閉鎖性水域における水生植物 2.1 水生植物群落の構造 2.2 水生植物の生活型 2.3 水生植物の生活型による湖沼の分類 第3章 閉鎖性成層水域の吹送流と連行現象 3.1 密度流とその安定性 3.2 成層水域に及ぼす風の効果 3.3 沈水性植物がある場合の連行現象 3.4 沈水性植物がある場合の乱流構造 3.5 沈水性植物の乱流構造と連行現象の関係 第4章 沈水生植物茎の後流 4.1 はじめに 4.2 単層流における単一円柱の後流 4.3 単層流における2 本の並列円柱の後流 4.4 2 層流における円柱後流特性 第5章 2層流の後流に関する実験 5.1 はじめに 5.2 実験目的 5.3 実験装置と実験方法 5.4 実験結果 第6章 結論 謝辞 参考文献
第1章 序論 第2章 閉鎖性水域における水生植物 2.1 水生植物群落の構造 2.2 水生植物の生活型 2.3 水生植物の生活型による湖沼の分類 第3章 閉鎖性成層水域の吹送流と連行現象 3.1 密度流とその安定性 3.2 成層水域に及ぼす風の効果 3.3 沈水性植物がある場合の連行現象 3.4 沈水性植物がある場合の乱流構造 3.5 沈水性植物の乱流構造と連行現象の関係 第4章 沈水生植物茎の後流 4.1 はじめに 4.2 単層流における単一円柱の後流 4.3 単層流における2 本の並列円柱の後流 4.4 2 層流における円柱後流特性 第5章 2層流の後流に関する実験 5.1 はじめに 5.2 実験目的 5.3 実験装置と実験方法 5.4 実験結果 第6章 結論 謝辞 参考文献
10.
Thesis/Dissertation
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 浮揺性植物のある閉鎖性成層水域における密度界面の連行速度
江藤, 祐貴 ; Eto, Yuki
Academic Year Conferred: 2003
Conferring University: Kyushu University
Degree: BACHELOR
Degree Type: Bachelor's Degree
View fulltext: