close
1.
Book
Cover image of 椿山課長の七日間
浅田次郎著
Publication info: 東京, Japan. 2002.10. 378p 朝日新聞社
Availability: loading…
View fulltext:
2.
Book
Cover image of IBMを震え上がらせた男 : 「小説」池田敏雄と富士通コンピュータ野郎たち
柏原久著
Publication info: 東京, Japan. 1986.10. 229p かんき出版
Availability: loading…
View fulltext:
3.
Book
Cover image of 井上光晴新作品集
井上, 光晴(1926-1992)
Publication info: 東京, Japan. 1969-1976. 8冊 勁草書房
Availability: loading…
View fulltext:
4.
Book
Cover image of 対岸の彼女
角田光代著
Publication info: 東京, Japan. 2004.11. 288p 文藝春秋
Availability: loading…
View fulltext:
5.
Book
Cover image of 空飛ぶタイヤ
池井戸潤著
Publication info: 東京, Japan. 2006.9. 489p 実業之日本社
Availability: loading…
View fulltext:
Abstract: トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも...。自動車会社、銀行、警察、週刊誌記者、被害者の家族...事故に関わった人それぞれの思惑と苦悩。そして「容疑者」と目された運送会社の社長が、家族・仲間とともにたったひとつの事故の真相に迫る、果てなき試練と格闘の数か月。 Read more
6.
Book
Cover image of 好色の魂
野坂昭如著
Publication info: 東京, Japan. 2007.5. iii, 222p 岩波書店
Series: 岩波現代文庫; 文芸 ; 112
野坂昭如ルネサンス; 1
Availability: loading…
View fulltext:
Abstract: エロ・グロ・ナンセンス華やかなりし昭和初期、たび重なる発禁にも屈せず、『ロシア大革命史』や『デカメロン』、『密戯指南』を秘密刊行し続けた、「好色出版の帝王」貝原北辰。その奔放無頼の生涯を、「四畳半襖の下張」裁判を闘った野坂昭如が、己れの自画像をも映しいれながら共感と敬意をこめて描き上げた異色長編。 Read more
7.
Book
Cover image of 水虫魂
野坂昭如著
Publication info: 東京, Japan. 2007.5. iii, 445p 岩波書店
Series: 岩波現代文庫; 文芸 ; 113
野坂昭如ルネサンス; 2
Availability: loading…
View fulltext:
Abstract: 昭和三十年代前半、「水虫」とあだ名された貧相な面構えとひがみっぽい性格ながら、草創期の広告・放送業界をたくみに遊泳して芸能プロダクションの社長、出版社の経営者にのしあがっていく寺川友三。金もうけに専念しつつ「焼跡ランド」の構想を練る男の姿を通して、戦後の繁栄の虚しさと焼跡闇市への郷愁を描く長編小説。 Read more
8.
Book
Cover image of 江戸川乱歩短篇集
千葉俊二編
Publication info: 東京, Japan. 2008.8. 376p 岩波書店
Series: 岩波文庫; 緑(31)-181-1
Availability: loading…
View fulltext:
Abstract: 大正末期、大震災直後の東京にひとりの異才が登場、卓抜な着想、緻密な構成、巧みな語り口で読者をひきこむ優れた短篇を次々と発表していった。日本文学に探偵小説の分野を開拓し普及させた江戸川乱歩(1894‐1965)の、デビュー作「二銭銅貨」をはじめ「心理試験」「押絵と旅する男」など代表作12篇を収録。 Read more
9.
Book
Cover image of 悼む人
天童荒太著
Publication info: 東京, Japan. 2008.11. 450p 文藝春秋
Availability: loading…
View fulltext:
Abstract: 聖者なのか、偽善者か?「悼む人」は誰ですか。七年の歳月を費やした著者の最高到達点!善と悪、生と死が交錯する至高の愛の物語。
10.
Book
Cover image of 切羽へ
井上荒野著
Publication info: 東京, Japan. 2008.5. 204p 新潮社
Availability: loading…
View fulltext:
Abstract: 静かな島で、夫と穏やかで幸福な日々を送るセイの前に、ある日、一人の男が現れる。夫を深く愛していながら、どうしようもなく惹かれてゆくセイ。やがて二人は、これ以上は進めない場所へと向かってゆく。「切羽」とはそれ以上先へは進めない場所。宿命の出会いに揺れる女と男を、緻密な筆に描ききった哀感あふれる恋愛小説。 Read more