close
1.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 機関リポジトリ担当者の人材育成について : CSI委託事業「持続可能な機関リポジトリのための人材進化構造」 講習会報告 — Human Resource Development for Managing Institutional Repositories : A Report of a CSI-commissioned project
吉松, 直美; 星子, 奈美; 井上, 創造 ... [et al.]
Publication info: Kyushu University Library, Research and Development Division Annual Report. 2008/2009, pp. 34-39, 2009-07. Kyushu University Library, Research and Development Division
View fulltext:
Abstract: 平成20年度,九州大学附属図書館において,機関リポジトリを永続的に運用するために必要な人材育成を目的とした講習会が開催された.これは,国立情報学研究所の委託事業によるもので,事業連携大学をはじめとして,北は北海道,南は沖縄からの参加者もあり,学内外から毎回約20名の受講者が参加した.受講者は,html言語やPHP言語等を題材にシステムに関する概念やwebシステム開発の基礎知識と技術を学んだ.全3回,各回2日間(約10時間),講義を受け,演習・発表を行い,次回に向けての宿題も課せられた.また,個人のスキルアップのみでなく,講習会後は受講者が主軸となり,講習会の内容を波及させていったことが今回の講習会の特徴である. Read more
2.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 美しいPDFファイルを作る : 機関リポジトリのための冊子体電子化手順
星子, 奈美 ; Hoshiko, Nami
Publication info: 九州地区大学図書館協議会誌. 51, pp. 10-13, 2009-02. 九州地区大学図書館協議会
View fulltext:
3.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of リポジトリのアクセスログ解析 — Access Log Analysis for Institutional Repository
馬場, 謙介; 伊東, 栄典; 廣川, 佐千男 ... [et al.]
Publication info: Kyushu University Library, Research and Development Division Annual Report. 2010/2011, pp. 5-8, 2011-08. Kyushu University Library
View fulltext:
Abstract: 機関リポジトリは,セルフアーカイビングによる研究成果へのオープンアクセス実現のひとつの手段である. しかし,多くの機関リポジトリにおいて,登録されている文献の数は,その機関の研究成果の数に比べて非常に 少ない.登録文献数が少ない理由のひとつは,ほとんどの研究者にとって研究成果を登録する動機がない,つま り,機関リポジトリの効果が明らかでないことだと考えられる.本稿の著者らは,機関リポジトリに研究成果を 登録した研究者へのフィードバックシステムを開発している.本稿では,機関リポジトリのアクセスログからの 知識発見を試みている.「誰が,いつ,どんな文献を利用したか」という情報は,機関リポジトリの利用者への文 献の推薦に利用できる.本稿は,より高度な解析へ向けての準備として,九州大学の機関リポジトリのアクセス ログについて単純な共起解析を行った結果を示している. Read more
4.
Other
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 機関リポジトリの潜在需要と 利用者動向の解析
池田, 大輔 ; Ikeda, Daisuke
Publication info: 附属図書館研究開発室成果報告会. 2011-03-16.
View fulltext:
5.
Other
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of リポジトリ登録作業の半自動化
馬場, 謙介 ; Baba, Kensuke
Publication info: 附属図書館研究開発室成果報告会. 2011-03-16.
View fulltext:
6.
Other
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 機関リポジトリと 研究者DBとの連携
伊東, 栄典 ; Ito, Eisuke
Publication info: 附属図書館研究開発室成果報告会. 2011-03-16.
View fulltext:
7.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 機関リポジトリQIR の利用動向調査 : 機関リポジトリの活用促進のために — Quantitative Evaluation of QIR : Toward Next Generation Institutional Repository
伊東, 栄典; 馬場, 謙介; 吉松, 直美 ... [et al.]
Publication info: Kyushu University Library, Research and Development Division Annual Report. 2009/2010, pp. 16-18, 2010-03-31. Kyushu University Library
View fulltext:
Abstract: 学術文献の電子化に伴い,電子ジャーナルが普及している.電子ジャーナルは便利かつ有用であるものの,価格高騰が問題となっている.この問題に対しオープンアクセスジャーナルとセルフアーカイブが提唱され,その運動が広がっている.セルフアーカイブのためには,図書館等によって機関リポジトリが運営されている.研究者は所属機関の機関リポジトリに論文データを登録することで,その論文データが機関リポジトリから全世界に公開される.機関リポジトリの文献参照に対する効果は定量的に評価する必要がある.本論文では,九州大学学術情報リポジトリ(QIR)の利用動向データに基づき,機関リポジトリの有効性を検証する. Read more
8.
Other
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 研究者コミュニティが機関リポジトリに深く関わるための入出力活性化 : 研究者の視点にたった開発と調査を実施して
吉松, 直美 ; Yoshimatsu, Naomi
Publication info: 2010-06-22. Kyushu University Library
View fulltext:
9.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 機関リポジトリと研究者データベースの連携 — Connecting Institutional Repository with Researcher Database
森, 雅生; 馬場, 謙介; Mori, Masao ... [et al.]
Publication info: Kyushu University Library, Research and Development Division Annual Report. 2011/2012, pp. 11-13, 2012-07. Kyushu University Library
View fulltext:
Abstract: 本稿は研究者データベースと機関リポジトリの連携を紹介する.研究者データベースに研究業績として登録された学術論文の書誌情報から,機関リポジトリに蓄積されるその論文の本文ファイルへのハイパーリンクの作成を考える.通常,こういったハイパーリンクは,バックグラウンドでの書誌情報の照合により実現される.本稿では,バックグラウンドでの書誌情報の照合を行わない方法を提案している. Read more
10.
Other
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 2020年の学術情報流通と大学図書館を展望する : 情報システムの観点から
池田, 大輔 ; Ikeda, Daisuke
Publication info: 2012-11-18.
View fulltext:
Abstract: 学術情報流通において情報システムは不可欠になりつつある。情報システムではモジュール化による機能の分割が可能であり、また、機関リポジトリにより機関に利用履歴が蓄積される。これらの特徴から、2020年における学術情報と大学図書館を大胆に予想してみると、オープンアクセスに加え、これをベースにした有料の様々な対象向けのコンテンツが提供され、学術情報の裾野が広がっていくのではないだろうか。 Read more