close
1.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 九州大学附属図書館の移転計画vol.2 : 統合移転第IIステージを終えて — The Relocation Plan of Kyushu University Library, vol.2 : Completion of the Stage II
堀, 優子 ; Hori, Yuko
Publication info: Kyushu University Library, Research and Development Division Annual Report. 2009/2010, pp. 45-55, 2010-03-31. Kyushu University Library
View fulltext:
Abstract: 平成21(2009)年,九州大学統合移転第Ⅱステージにおける六本松地区移転に伴い,附属図書館のⅡ期移転を実施した.本稿では,第Ⅱステージの図書館移転における計画策定と実施,移転の実際,各種課題への対応について記録し,第Ⅲステージにおける移転,及び29年度に控える新中央(文系)図書館(仮称)建設に向けての参考とする. Read more
2.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 九州大学附属図書館の広報誌リニューアルとその後
井川, 友利子; 堀, 優子; Ikawa, Yuriko ... [et al.]
Publication info: 大学の図書館. 30, (8), pp. 142-144, 2011-08-25. 大学図書館問題研究会
View fulltext:
Abstract: 大学および大学図書館を取り巻く状況の変化から, 図書館のマ一ケティングやブランディングの文脈において広報が捉え直されてきた。さらに近年, 特に「デザイン」が注目されているのは, 今や広報が「何を伝えるか」から, それを「どのように伝えるか」という段階へと移行してきているためと考えられるかもしれない。 本稿では, 九州大学附属図書館における広報の刷新と, 図書館報「きゅうとNEWSLETTER」について, そのデザイン面を中心にご紹介したい。 Read more
3.
Other
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Library Lovers' キャンペーンを通じた利用促進の取り組み
堀, 優子 ; Hori, Yuko
Publication info: 2013-09-05.
View fulltext:
4.
Other
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Library Lovers' キャンペーン2014実施報告
堀, 優子 ; Hori, Yuko
Publication info: 2015-04-17.
View fulltext:
5.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 九州大学附属図書館の2015年度Webサービス改修プロジェクト — Kyushu University Library Webservice Improvement Project in FY2015
林, 豊; Hayashi, Yutaka; 大田, 海 ... [et al.]
Publication info: Kyushu University Library, Research and Development Division Annual Report. 2015/2016, pp. 21-24, 2016-08. Kyushu University Library
View fulltext:
Abstract: 九州大学附属図書館では,2013 年度に大幅にリニューアルしたWeb サービスに対する利用者の反応を調査するために,2014 年度にオンラインアンケートを実施した.こうして得られた利用者の声を踏まえ,2015 年度にWeb サービスの改修作業を行い,機能改善や新機能をリリースした.これらの改修内容について簡単に報告する. Read more
6.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of マイクロ資料保全対策事業実施報告 — Microfilm Conservation measures project implementation report
原賀, 可奈子; Haraga, Kanako; 羽賀, 真記子 ... [et al.]
Publication info: Kyushu University Library, Research and Development Division Annual Report. 2014/2015, pp. 38-45, 2015-08. Kyushu University Library
View fulltext:
Abstract: 2014年度の田嶋記念大学図書館振興財団の助成を受け,「新中央図書館への移転に向けてのマイクロ資料保全対策事業」を実施した.本稿では,所蔵マイクロ資料の調査から,マイクロ資料保全対策の策定・実施内容について報告する.
7.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 九州大学附属図書館のWebサイトに関するアンケート実施報告 — Questionnaire Report on Kyushu University Library Website
林, 豊; Hayashi, Yutaka; 大田, 海 ... [et al.]
Publication info: Kyushu University Library, Research and Development Division Annual Report. 2014/2015, pp. 46-54, 2015-08. Kyushu University Library
View fulltext:
Abstract: 2014年12月から2015年1月にかけて実施した,九州大学附属図書館のWebサイトに関する利用者アンケートの結果を報告する.
8.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of SNSにおける新しい信頼モデルと図書館における応用 — A Trust Model of Social Networking Services and Their Applications for Libraries
井上, 創造; Inoue, Sozo; 堀, 優子 ... [et al.]
Publication info: Kyushu University Library, Research and Development Division Annual Report. 2006/2007, pp. 22-29, 2007-06-01. Kyushu University Library, Research and Development Division
View fulltext:
Abstract: SNS(Social Networking Service)は、利用者間の社会的なつながりを重視したコミュニケーションシステムである。SNSは、図書館のような利用者を相手とするサービスにとって非常に有用である。ところが最近のSNSにおいては、迷惑なメッセージが徐々に増えていることが問題になりつつある。これは、利用者の登録時の認証を、既存利用者からの招待と、有効なメールアドレスを登録するというたった2点にのみ頼っている事が原因であると考えられる。本論文では、SNSを形式的にモデル化し、利用者間の情報アクセスのための基準を表す信頼という概念を導入する。さらにその記述を用いて、「所属による信頼」、「匿名での発言」という新たな信頼の概念を導入する。また特に前者について、所属を確実に認証するための方式を4章で述べ、その実装を示す。 Read more
9.
Other
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of Trustworthy SNS for Institutional Repositories
Inoue, Sozo; 井上, 創造; Hori, Yuko ... [et al.]
Publication info: デジタルリポジトリ連合国際会議. 2008, pp. 68-68, 2008-01-30.
View fulltext:
Abstract: In recent years, SNS (Social Networking Service) are attracting attention in the field of web services. SNS is the communication system which focuses on social relations between users, such as a friend and a group, named a community. Thus, SNS is useful for the institutional repositories in the sense that they can 1) increase the time and frequency of use by users, and 2) categorize or utilize the contents using the community information. However in SNS nowadays, the increase of spam messages is becoming a problem. This is considered to be because a user authentication at the time of registration depends only on 1) the invitation from the existing user and 2) an effective mail address. In this presentation, the method of 1) authenticating the affiliation correctly at the time of registration, and of 2) exhibiting a real name only within affiliation and opening only an affiliation name to outside the affiliation, are shown based on literature [1], Moreover, its current state after an experimental installation are described. Read more
10.
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Cover image of 本を通して仲間を知る : コアセミナーでの試み — Let's Know about Your Classmates through their favorite books : A Trial in Core-Seminar
副島, 雄児; Soejima, Yuji; 田尾, 周一郎 ... [et al.]
Publication info: Kyushu University Library, Research and Development Division Annual Report. 2012/2013, pp. 35-44, 2013-09. Kyushu University Library
View fulltext:
Abstract: 九州大学の全学教育科目「コアセミナー」は,各学部が必要とする初年次教育の実施を目的として設定され,学部ごとに特徴的な内容と方法を取り入れたセミナーが実施されている.今回,特色ある試験的な取り組みとして,九州大学附属図書館との連携によって,コアセミナーへのビブリオバトルの導入を行った.受講学生へのアンケート調査の結果から,「読む」,「伝える」,「聴く」などのスキルアップについての成果,「関心の広がり」,「コミュニケーション力の増加」,「人に対する興味・関心の深まり」などの内面的な側面に対する成果などを見てとることができるなど,初年次教育の教材としての有効性を確認することができた.今回の取り組みは,学部担当教員と附属図書館職員との教職連携による教育現場での実践例として,今後の教育改善や教育開発研究に参考となることが期待される. Read more